シアリスは効果長持ちの婦人科でもらえるED治療薬

シアリスは、バイアグラやレビトラと並んで日本で勃起不全症(ED)の治療薬として臨床応用されています。この3種類のなかでは最も新しい医薬品であり、様々な改良がされている医薬品です。まず、他の薬との飲み合わせの問題が少なく、併用禁忌になっている薬の数が、バイアグラ、レビトラと比較して少ないです。次に、副作用の発生頻度が少なくなっています。勃起不全症の治療薬3種類の副作用の種類は、作用機序が同じであるため類似したものが多く、主要なものでは、頭痛、顔面紅潮、鼻づまり、動悸などが挙げられます。バイアグラやレビトラではこれらの副作用の発生頻度は90%と高頻度なものでした。しかし、シアリス服用の場合の副作用発生頻度は30%程度に抑えられています。このことと、先に解説した飲み合わせの問題から、シアリスはバイアグラ、レビトラと比較して、安全面に関して改善された医薬品であると言えます。
また効果の面に着目すると、シアリスは効果が長持ちすることが特徴的です。バイアグラやレビトラの作用持続時間は5~10時間程度であるのに対して、シアリスの作用持続時間は20時間にも及びます。バイアグラやレビトラの服用で効果の持続性に問題があった方にとっては大きなメリットとなります。ただ、効果の立ち上がりも時間がかかるようになっており、それが問題点です。バイアグラやレビトラは性行為の1時間前に服用することが推奨されていますが、シアリスは3時間前に服用することが推奨されています。
ちなみにこのシアリスの入手には病院で医師の診察、処方が必要となります。診療科は婦人科系の病院に行ったら間違いなく手に入ります。ただ、保険適用外となるため、全額自己負担となります。